漢方薬系サプリで更年期障害の症状を抑える

漢方薬系サプリメントなどに使われる原料や更年期障害の年齢別の症状

漢方薬系サプリで更年期障害の症状を抑える

服用

高麗人参

更年期障害のサプリメントには、漢方薬系のものが多いと言われています。その中でも、高麗人参を原料としているサプリメントが多いでしょう。サポニンやビタミン、ミネラルなどをたっぷりと含んでいる原料です。

サプリ

大豆イソフラボン

エクオールなどのサプリメントだと、大豆イソフラボンを原料としているものがほとんどでしょう。アグリコン型の大豆イソフラボンが更年期障害のサプリメントとして好ましいと言われています。ホルモンバランスを整えてくれるでしょう。

ウーマン

ローヤルゼリー

ローヤルゼリーも更年期障害のサプリメントの原料とされています。アミノ酸やビタミン、ミネラルを豊富に含んでいる原料の一つです。また、更年期障害だけではなく、総合健康サプリメントの原料としても使われています。

年代別更年期障害の症状

錠剤

40歳から45歳の症状

冷えや湯疲労、神経痛などが40歳から45歳までの年代に多い更年期障害の症状です。漢方薬やサプリメントで症状を抑えられるでしょう。

45歳から50歳の症状

のぼせや発汗、関節痛などが45歳から50歳の更年期障害の症状とされています。症状に合わせて漢方薬などを服用すると良いでしょう。

51歳から55歳の症状

のぼせや息切れ、憂鬱などの症状が、51歳から55歳に多いとされています。更年期障害専用のサプリメントや漢方薬を服用して症状を改善しましょう。

広告募集中